flower border

クリスマスのテーブルリース

Category未分類
12月になりましたね。

一年最後のイベントはクリスマス

本来、クリスマスはイエスキリストの生誕のお祝いですが

街も人も華やかになりクリスチャンでなくとも心ワクワク

最も楽しみな年末の行事ですよね♪

リースはクランツとも呼ばれていて、元々は子供たちが
クリスマスまで待つ期間を短く感じられるようにと
エバーグリーンの冠状の照明飾りに24本のキャンドルを
順番に灯していった「アドベントクランツ」から始まり
それが今日ではクリスマス時期の家庭でも人気のある装飾品となったそうです。
(先生のテキストより引用しました。)

さて、11月最後のフラワーレッスンは、そんな楽しいクリスマスに向けて
テーブルリースを作りました。

20151203180538249.jpg

白を基調にスモーキーカラーのアネモネと

オフホワイトのローズをメインに白のアジサイ

ガラスボール・リボン・キャンドルとキラキラの

テーブルリースが出来ました。

201512031805135a6.jpg

クリスマスカラーと言えばグリーンや赤が多いのですが

白を基調にしたこのリース思った以上にゴージャスで

エレガントな作品になりました。

お部屋を暗くしてキャンドルの明かりが揺れるのを

見るのが楽しみです。

201512031804508e0.jpg


先生の作品は大振りのピンクのアネモネがメインです。
実はこの大振りなアネモネは、もう販売してないそうで
私の作品は小さなアネモネを使っています。
色もそうですが、雰囲気や印象が随分違うものですね。

ピンクのアネモネがとても華やかで大人可愛い感じで素敵です。(*^^*)



20151130034713c5b.jpg

先生のお宅のクリスマスデコレーション
天井まで届きそうな大きなツリー
飾りつけが白でまとめてあり、それなのに華やかで
かつとても上品で周りのリースやオーナメントも
シックでモダン
大人のクリスマスの雰囲気がとっても素敵でした。

レースのシュシュがお似合いの先生のお宅の
猫のしまろんちゃん。
すごく可愛いの♥
実はこのシュシュは私のハンドメイドです。
しまろんちゃんのお写真は、たくさん撮ったので時々ご登
してもらおうと思っています。(*^^*)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
そして・・・

レッスンの復習用に赤のアネモネでも作ってみましたが
苦手なカラーの組み合わせと花材の多さに戸惑い
バランスを取るのがとても難しかったです。(ーー;)

20151203180416deb.jpg


何度もやり直すとアクアリングがボロボロになってくるし・・・
先生のアドバイス無しではまだまだな自分を実感した次第です。(汗)
なんだかね・・・四苦八苦致しました(苦笑)
まぁ・・・修行中ですものね(*^^*)
じっくり考えてヤッパリやり直そう❗

待ち遠しいクリスマス
皆さんは、どう過ごされるのでしょうか・・・
一年最後の月
日々を大切に過ごしたいものですね。
寒さのおり、お体ご自愛くださいね。



ランキングに参加しています。
3お帰りの際にポチっとして
頂けたら感謝です。
お出でいただき、ありがとうございました(⌒∇⌒)ノ""

スポンサーサイト

2 Comments

Atelier Petit Florist  

ありがとうございます♪

今日は(昨日か(^^;))レッスンにいらしてくださりありがとうございました。

そして今回も素敵にUPしてくださってありがとうございます(^^♪
ちゃっかりしまろんも特別出演していて…♡
ニンマリしながらブログ読ませていただきました。

今日もお伝えしましたが
クリスマスのリースは結構難しいので
苦労されて当然だと思います。
でも毎回熱心にレッスン→復習をされているので
きっとぐんぐん上達されるハズです!!
いつでも質問受け付けますので遠慮なくお申し付けくださいね。
頑張ってください♪

門松のアレンジのUPも楽しみにしております。

ありがとうございました。

2015/12/13 (Sun) 01:12 | REPLY |   

ジョルまま  

今晩は~(*^▽^*)

先生いつも暖かいコメントをありがとうございます。

クリスマスのテーブルリースの作製は、とても勉強になりました。
やってる時は夢中で案外気がつかないのですが写真に写すと
花材が窮屈そうに重なり過ぎていたり
逆に花材が少なくて隙間が空いていたりと・・・

花だけでなく異素材のガラスボールやプレゼントピックとのバランスが
難しいと感じました。

このくらいでと妥協するのがイヤで、やり直しをしました。
苦手と思い込んでいた色合いも、作り方、アレンジの仕方で素敵にも
イマイチにもなることを痛感
益々、フラワーレッスンが楽しみになってきている私です。(*^_^*)

2015/12/28 (Mon) 20:34 | REPLY |   

Post a comment